FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moce.blog67.fc2.com/tb.php/36-c8018fe6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【温泉】強アルカリ美人の湯 厚木の玉翠楼

今朝、手元にあったガイドブックをなんとはなしに見ていたら、厚木に強アルカリの温泉があると載っていた。アルカリ温泉といえば美人の湯。しかもここはph10.3だって。厚木っていったら高速使えばそんなに遠くもないし、子連れでもドライブがてらいける距離じゃないか?と即出発。 今回は「廣澤寺温泉 玉翠楼」の日帰り入浴へ行ってみた。 

場所は東名厚木ICから約20分。そんなに遠くないのに景色は驚くほどの山里感。今日は快晴だったので、目の前の丹沢の緑がすごくきれい。あまりにも目の前だと思ったらここはもう丹沢大山国定公園の中で、登山の入り口だそうだ。たくさんの登山客も歩いている。車は15台ほど駐車できそう。宿の入り口は登山道の隣なので一度通りすぎてしまったけれど、看板どおり右折してOK。細道なので行き止まりが不安になったのだが、まっすぐいけば玉翠楼の駐車場につく。 
085

宿は和風の一軒宿。猪鍋がおいしいみたい。玄関で入湯料の1000円を払うとそこから1時間自由に入浴できる。でも特に厳密な感じはしなかったので、1時間をオーバーしても特に怒られそうでもない。私たちは子連れなので、乳児も入れるの?と心配されないよう「子供は入れないので!」とちょっと焦り気味で説明したのだが「あら~、赤ちゃんこんにちわ~」なんてにこにこしてもらってちょっとほっとする。

地方の金持ちの家?という感じの玄関をすぎると待合室がある。1時間の日帰り入浴だと休憩室はこの待合室と中庭になるようだ。畳ではなく椅子がならんでいて、部屋の雰囲気はぼろいのだけど悪くない。過去みたイメージでいうと 金谷ホテルとか富士屋ホテルとか、あの辺のロビーをもう少し庶民的にしたようなイメージ。クラシックホテル風。クラシックホテルと言い切れないのは、全国の猪民芸品が飾られていたり、篠山紀信と葉月里緒菜のサインがあったり(写真集をここで撮影したらしい)という庶民的なところがあるからだ。

待合室の先の中庭はこれまた観光地に来た気分になるような「池」と「赤い橋」。

nakaniwa←コピーライト玉翠楼 怒られたら消します
ここで夫に子供を見てもらっておきながら私は先に入浴。日帰り入浴だと露天風呂だけ使えるのだが、ここは変わっていて男性露天はひとつ。女性は露天と洞窟風呂がある。私が子供の頃は女性風呂が小さくて男性風呂がでかいという宿が多かったのに、今はこんなことになってるんだ。ちょっとうれしい。

私はまず露天風呂の「弁天の湯」に入ってみた。脱衣所も露天にちょっと屋根をつけたようなところで気持ちがいい。この風呂は漆塗総檜風呂だそうで、浴槽が真っ赤だ。なんだか落ち着かないけれども、昔「赤パン健康法」なんてあったし、女性には赤い色っていうのはカラダにいいかも、と思って入ってみた。楽しみにしていたアルカリ感だが、腕などを湯船の中でこすってみると確かにぬるぬるする。塩素のにおいもしないしうれしくて顔もじゃぶじゃぶあらってみた。湯温はぬるめ。こちらのお湯にはシャワーが3つくらいと、リンスインシャンプーとボディシャンプーが置いてあった。 

次に洞窟風呂の河鹿の湯へ。一度服をきて外に出てから隣の洞窟風呂へいかないといけないのでちょっとめんどくさい。上は来たもののだるくなったから下半身はノーパンでタオル巻きにして外に出た。外にでるとさっきの待合室が見えた。あら、ノーパンはまずいな、とちょっと小走りに河鹿の湯へ滑り込む。さてここだが、洞窟といっても洞窟の中に見えるような石作りのお湯だった。、暗くて怖いとか、ワイルドな感じとかを期待すると期待はずれかもしれない。ただ屋根がついているから湯温はちょっと熱い。ただなぜかこちらのお湯は塩素のにおいがものすごくする。洞窟風なので掃除しにくいのだろうか。入り口がせまくて浅いのでちょっとプールの足洗い場みたいで、足洗い場の奥まで進んで座るような気になってしまった。ここでは顔をじゃぶじゃぶする気にはちょっとなれず。しかし、アルカリ泉を殺菌するのに塩素って効果的なんだろうか?それともよっぽどの量をいれるのだろうか?それってアルカリ泉なんだろうか?? ちょっと湯質が違う気がしたので、洞窟に先に入り、次に漆の露天に入ったほうがよかったかもしれない。

温泉では本来上がり湯をしない派なのだが、今日はあがったら息子のおっぱいタイムになるのでシャワーで胸だけにおもいっきりお湯をかける。周りからちょっと異常な人に見えたと思うが気にしない。(帰ってきてからニフティのクチコミ情報をみて知ったのだが、ここはシャワーのお湯も源泉だそうだ。失敗した。頭からかぶればよかった。そして息子には強アルカリの乳首を与えてしまった・・・) しかし厚木にこんな温泉があったのね。次回入浴半額券ももらったしまた来たい。温泉自体妊娠があったので1年ぶりだったしちょっとわくわくしてしまった。

廣澤寺温泉玉翠楼
立ち寄り湯・・・1時間 大人1000円 子供700円 幼児500円
休憩2時間つき1500円や、名物の猪鍋つきコース、川魚定食つきコースなどもあるそうです
〒243-0121 神奈川県厚木市七沢2607   TEL 046-248-0011 FAX 046-248-0126

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moce.blog67.fc2.com/tb.php/36-c8018fe6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

moce

Author:moce
鼻炎

最近の記事+コメント

検索

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。